スポンサーリンク

リアルタイムGPS発信機のGPSnext
浮気調査Q&A
1775 PV
1

GPS発信機の充電方法と回数のまとめ

GPS発信機は「乾電池」ではなく「充電式バッテリー」が搭載されています。

電池がなくなると充電が必要になりますが、機種ごとの充電回数のシミュレーションを行ってみました。

GPS発信機の電池がなくなるとは?

電池

GPS発信機は位置情報を取得、送信するたびに電池を消費します。
その他にも携帯電話等と同じように通信環境が悪い場所(山・トンネル・田舎)で電波を探しにくい状態になると急激に電池を消費します。

とは言っても携帯電話(スマートフォン)は毎日充電しますよね。
それに比べればどんなに電池が持たない機種でも数日に1度のペースです。

GPS発信機ごとの充電方法

GPS発信機ごとの充電方法

充電は主に家庭用の電源口から行いますが、GPSレンタル時に同封されている充電器で行います。

旧型のGPS発信機の場合は、ドコモのFOMA充電器が同封されています。
最新式のGPS発信機の場合はMicroUSB充電器が同封されています。

車等にシガーソケットを装着している方は車の中でも充電可能。

GPS発信機の充電回数を調べてみた

調べてみ

有名なGPSのレンタル屋さんとその他のレンタル屋さんを参考に。

有名店 1ヶ月 平均1.2~2.7回
その他 1ヶ月 平均3.4~5回

地域性の問題を除いてバッテリーの容量とセンサ搭載等の機能差で消費を算出

レンタル屋さんの中でも機種がそれぞれあるのでサイトでは要チェック。

スマートフォンなら1日に1回充電しますが、GPS発信機は月に1~2回の充電で使用できるものもあるという結果でした。

おすすめGPSレンタル

スポンサーリンク

リアルタイムGPS発信機のGPSnext
1
名前:名無しさん

Androidの充電器が使えるってことなのかな?
家でも会社でもGPS発信機は充電できるのなら便利ですね。





*



TOPへ