スポンサーリンク

リアルタイムGPS発信機のGPSnext
浮気調査Q&A
136 PV
0

GPS発信機 車に取り付けてはいけない場所って?

車 取り付けNG

GPS発信機を車に取り付ける方法はポイントを抑えると意外と簡単です。
GPSレンタルの場合、GPSに磁石が装着されているので車外の鉄の箇所に取り付けることができます。

しかし、避けたほうがよい取付場所があります。
今回は、車外取り付け時に避けるべき箇所を解説します。

↓GPS発信機の車への取り付け場所はこちらを参考にしてください↓

GPS発信機を取り付けてはいけない場所

ぱっと見で見える箇所

見つかりやすい場所

当たり前の事ですが、簡単に見つかってしまうような場所の取り付けは避けましょう。
明らかにGPSが付いているとわかるような場所はすぐに見つかってしまいます。
死角になる場所、へこんでいて見えない場所などに取り付けましょう。

安定しない場所

GPSに装着された磁石は平らになっています。
磁石に対して平らにくっつかない場所に取り付けると振動などでGPSが外れる可能性があります。
取り付け時にグラグラしたり、安定しない場所の取り付けは注意しましょう。

マフラー付近

車のマフラー

車にエンジンがかかると、マフラーは高温になります。
マフラー付近にGPSを取り付けると、熱でGPSが溶ける場合があります。
GPSが故障すると追跡ができなくなるので避けましょう。

問題の箇所避ければ取り付けは簡単

今回ご紹介した箇所を避けて、取り付けのポイントを抑えることで簡単にGPSの設置ができます。
悩んでいる方も、是非挑戦してみてください。

おすすめGPSレンタル

スポンサーリンク

リアルタイムGPS発信機のGPSnext




*



TOPへ