スポンサーリンク

リアルタイムGPS発信機のGPSnext
浮気調査GPS
747 PV
0

GPSを使って簡単浮気調査!失敗しないために知っておきたいコト

探偵3

GPSを使えば浮気をしている旦那さんや奥さんの行き先を簡単に知ることができます。

難しい尾行をする必要もなく浮気相手と合っている場所で待ち伏せすることもできますし、素人では困難な浮気の証拠集めが比較的簡単になります。

探偵に依頼する場合でも、あらかじめGPSで調査したい時間と場所を絞っておくことで、費用を通常の半分程度まで抑えられることもあります。

それではどのようにGPSを使って浮気調査をすればいいのでしょうか。

GPSが使える浮気調査

便利なGPSですが、実はGPSが使えない(使うのが難しい)浮気調査もあるのです。

基本的に、GPSが使える浮気調査は、車やバイクなどを所有していて、浮気をする時にそれらを使って移動する人に対して有効です。

逆に、主に徒歩や電車などの移動をメインとする人にはGPSを使った調査は不向きと言えます。持ち物にGPSを紛れ込ませる必要があるので、バレるリスクが非常に高くなります。(ドラマやアニメに出てくるような超小型のGPSがあれば別ですが…)

浮気調査に使えるGPS

それでは実際にGPSを用意しますが、なんでもいいというわけではありません。

GPSは大まかに2つのタイプに分けられます。それぞれ機能や性能が異なっていて、自分の目的に合ったものを準備する必要があります。

GPSロガー

位置情報を端末やメモリーカードに記録します。位置情報を確認するには一旦GPSを回収し、パソコンなどでログを読み取る必要があります。

GPS発信機

位置情報をサーバーに送信します。離れた場所でもパソコンや携帯電話からリアルタイムの現在位置を確認することができます。

GPS発信機の中にも、最新のものは自動で位置情報を取得し送信してくれる「自動検索型(リアルタイム型とも)」と、手元で検索したときだけ位置情報を送ってくれる「位置検索型」の2種類が存在します。

後者は自分が見れるときにしか位置を確認できないので、浮気調査に使うなら自動検索型一択でしょう。

GPSロガーはAmazonなどで3,000円~1万円ほどで購入することができ、GPS発信機は当サイトで紹介しているネットショップでレンタルすることができます。

スマホや子供向け携帯で代用できるのか

GPSを用意する代わりに、スマホや子供向け携帯のGPS機能を使うことを思いつく方も多いでしょう。専用アプリなどを使えば確かに代用は効きますが、あまりおすすめはできません。

過去の記事で取り上げている部分もありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

GPS発信機を使う前に知っておきたい5つのポイント

GPSの用意ができたらいよいよ調査開始ですが、その前に以下の点について確認しておきましょう。

  1. GPSを仕掛ける場所
  2. 車に防犯装置がついているか
  3. GPSのバッテリーはどれくらい持つか
  4. GPSの使い方を説明書などでよく知っておく
  5. GPSが正常に動作するかテストしておく

まずGPSを仕掛けるときですが、気付かれない場所に取り付けるのは大前提です。かつ防犯装置がついている場合は注意して取り付けなければなりません。

そしてGPSのバッテリー持ち、使い方などを熟知しておく必要があります。

可能であれば、実際に使う前に自分で数日間リハーサルのように使ってみるのがいいでしょう。そうすれば、いざ使い始めて操作方法がわからないなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

GPSで監視していることを気付かれないようにする

GPSを使っていてバレることが多いのは、態度に出てしまうことや思わず口走ってしまうからです。

GPSを使えば対象者の行動が筒抜けになりますが、それを悟られないようにしないとここまで準備してきたことが台無しになります。

くれぐれも「今どこにいるの?」「今日どこ行ってたの?」など言わなくていいことは言わないようにしましょう。だからといって沈黙も厳禁です。あくまでも自然に・いつもどおりに振る舞うようにしてください。

おすすめGPSレンタル

スポンサーリンク

リアルタイムGPS発信機のGPSnext




*



TOPへ